神話カフェで日本神話を語る。

日本で最初の夫婦げんか

桃の木

夫婦仲良く共同作業…しかし…

イザナキ、イザナミの二人の神様は、国生みが終わると、次に、
住居に関わる神、海の神、河の神、水に関わる神、風の神、木の神、山の神、
食べ物の神など、たくさんの神様、八百万(やおよろず)の神様を生みました。

そして、最後に生んだのが火の神様、カグツチ
産む時に、イザナミは、大やけどをおってしまいます。
そして、亡くなってしまうのです。

愛するイザナキを忘れることなんてできません。

イザナキは、嘆き悲しみ、イザナミを忘れることが出来ず
黄泉国(よみのくに:死者の国)にイザナミを連れ戻しに出かけます。

黄泉国にたどりついたイザナキは、閉ざされた扉の前で、声をかけます。

「イザナミ、美しき我が妻よ!まだ、国造りは、終わっていない。
さぁ、一緒に帰ろう!」

すると、闇の中から、イザナミの声が聴こえてきました。

「イザナキ、もう少し早く迎えにきてくれたら良かったのに。
黄泉国の食べ物を食べてしまったので、私は、帰ることができないの。
でも、あなたが迎えにきてくれたのだから、黄泉の神々に頼んでみます。
だから、その間、決して私を見ないでくださいね!

「わかった。待っているよ。」

そう言ったものの、なかなか戻ってこないイザナミに
待ちきれなくなったイザナキは、扉を開けて中に入り、
束ねた髪に刺していた櫛の歯を1本折って、火をつけました。

神様の夫婦げんかも、ささいなことから始まります。

そして、イザナミの声がしていた方に灯りを向けると
そこには、イザナミの腐乱した死体が...

「うわぁ~」驚いた、イザナミは一目散に逃げ出しました。

それを見たイザナミは、「よくも、私に恥をかかせたわね..」

怒り狂い、黄泉国の兵隊を連れて、イザナキを追いかけました。

逃げるイザナキは、追いつかれそうになると頭に着けていたつるを
投げて、ブドウに変えて、卑しい黄泉国の兵隊の足を止めたり、
櫛を投げてタケノコに変えたりしました。

ようやく、イザナキは黄泉国の出口の黄泉比良坂(よもつひらさか)
近くまで、逃げてきましたが、まだだ追ってくる、イザナミと黄泉国の
兵隊に、黄泉比良坂の傍にあった桃の木の実を投げつけ、撃退しました。

それでも、イザナミだけは、追いかけて来ますので、イザナキは、
怖くなって、出口を大きな岩で塞いでしまいました。

森林

「ふぅ」とため息をつくイザナキに、大きな岩の向こうからイザナミは
恐ろしい声をあげます。

「愛しいイザナキ、あなたが、こんなひどい仕打ちをするなら、
私は、あなたの国の人々を一日に千人、絞め殺してやるわ!」

「愛しいイザナミよ、お前がそんなことをするなら、
私は、一日に千五百の産屋を建てることにする!」

神様の夫婦は規模が大きいですね…

二人して国造りをされていたイザナキ、イザナミは、このようにして
決別されてしまいました。

これ以降、一日に必ず千人の人が死に、必ず千五百人の人が生まれる
ようになったそうです。

これが、激しくも、恐ろしい、日本で最初の夫婦げんか なのです。

 

 

神話カフェ』随時開催中!!

私、神話カタリストの武田光司は神話を伝える会『神話カフェ』を随時、開催しております。

・神話について興味がある

・神話についてもっと知りたい

・日本の真理を知りたい

・神話をビジネスに生かしたい

・神話について話したい

などなど、神話について少しでもご興味がある方はぜひ、ご参加ください。

 

↓『神話カフェ』のイベントスケジュール確認はこちらから↓

イベント確認

 

 

また、どんな些細なことでも構いません。ご質問やお問い合わせがございましたら、

こちらのお問合せフォームからご連絡をお願いいたします。

 

by

神話カタリスト/日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー/行動習慣ナビゲーター
facebookはこちら / ブログはこちら

東京で神話を伝える会を2010年にスタート、その後、大阪で2012年8月から現在まで、神話を伝える会「神話カフェ」を毎月開催しております。詳細はこちらから>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)